できるだけ歯を残して大切に・・・

「もう抜かないとダメ!」と診断された方

「痛い治療はイヤ!」とお思いの方は諦めずに一度「歯科あおき」に相談に

 来てみませんか?

 外科的治療で解決するのではなく、特別なブラッシング指導や食事の改善から

 歯周病治療を行います。

 こちらのページでは、当院で実際に行われた延命治療の奮闘記をご紹介します

 今回ご紹介する患者様は歯根が再生しつつあります。

 時間はかかりますが、「決して諦めない!」という努力は決して裏切らないの

 です。   


次は,ぐらぐらしていた前歯を残して救った    ある患者様の症例です!


初診日 1991年 8月31日

患者様(女性)昭和24年生

上顎前歯部の歯周疾患に対するアプローチ

1991年 8月31日

女性の審美的回復の追求

回数みがきの励行

1998年11月28日

初診日から7年後の状態

一切、外科的観血処置を行わず、ブラッシングと食養生で経過観察してきました。

「経過」2001年 9月 4日

「経過」2001年10月 6日

「経過」2002年 5月25日

「経過」2005年 3月31日

「経過」2005年 5月31日

「経過」2005年 7月14日

2005年 3月31日 初診日から14年後の状態

「術前」

「術後」

複雑な歯の神経の状態