患者さまご自身が、育てきた白菜を収穫されて、私たちとご一緒に、重ね煮料理教室へとこれから向かいます。

それぞれのお野菜の特性を活かした切り方を、みんな揃って教わっていっております。

 

お野菜の繊維に沿って切ることによって、美味しさが変わってくるそうです。

れんこんは、薄い”いちょう切り”にしていきます。

沢煮椀

お鍋の上  味噌     陽性

      薄揚げ     ⇑

      ゴボウ     ⇑

      人参      ⇑

      玉葱      ⇑

      きゃべつ    ⇑

      干し椎茸    ⇑

お鍋の下  出し昆布   陰性

 

 

✯重ね方は大切なポイントです!✯

陰性のものを下にして、陽性のものを上に重ねて、出来る限り等間隔に押さえず、ふんわりとさせる事で、お鍋の中の熱の対流がスムーズになるそうです。

 

 

重ね蒸し煮の温菜サラダ

 

上  れんこん

   人参

下  キャベツ

 

初めは、強火で蒸し煮にします。

蓋を外すポイントは、香りです。お野菜の甘い香りが立ち込めてきたら、弱火にして、蓋を外します。

人参などの固いお野菜が、好みの固さになったら火を止めます。

短時間で、4品が出来ました。

 

簡単、便利でしかもとても美味しい。

洗い物が楽な

エコクッキングの代表の1つです。