食カウンセリング

食の大切さ・本当の情報を、知って頂きたい!

歯科食育士 竹内英二氏による おひとりづつの丁寧な食カウンセリングです。

「歯科あおき」では、虫歯や歯ぐきを改善して、患者様が今以上に、健康になって頂きたいと願っています。歯ぐきが良くなり、良く噛めるようになって

これからどんな食事をして、元気・健康を維持していくか・・・?

睡眠・運動・ストレス緩和・禁煙・適量な飲酒・いろいろな方法がありますが、

最も大切なことは、食事です! 私達の体は、これまで食べてきた物で作られています。

「ただ、お腹が一杯になればいい・・・」というだけでは、体に不調がでるかも・・・

今は、調味料だけでも、たくさんの種類がありますが、正しい情報を知って自分の体に

入れるものには、自分で納得と、責任をもって頂きたいです。

 

「食カウンセリング」は、歯科食育士として、活躍されている 竹内英二氏と25年以上に

わたり連携し、患者様の健康を根本から応援・サポートさせていただく「歯科あおき」の

オリジナルのサービス(無料)です。 簡単な「食事アンケート」にご記入頂くだけでOKです。これまでに、650人以上の方々の食事を、カウンセリングしてきました。

是非、ご利用して頂きあなたの健康と幸せにお役立てくださいませ!

 

 

 

 

ある患者様の食事

じゃがいもときのこのオイスターソース炒め・きのこの醤油煮・たまねぎスープ

ブルベリーの甘酢・小松菜キムチ・雑穀米ごはん

 

竹内英二氏の懇談

食事記録をもとに、日頃の

食習慣を見つめ直し、その

改善を歯周病と虫歯予防に

つなげていくのが目標です

 

ある圓児のお弁当

子供さんの毎日のごはんが

発育成長に関わります。

大人も子供も今の体は、 食べた物で出来ています。

 



おすすめ参考書籍

朝は、パン食の人がかなり増えてきています・・・

お昼は、うどん・パスタ・ラーメンなど・・・

夜は、ピザ・お好み焼きなど・・・

おやつは、クッキーや、バームクーヘン・・・

 

もし、こんな感じだったら小麦だらけに!

アトピー・花粉症・アレルギーとかありませんか?

食事を改善して、体質を変えていつも飲んでいる薬を

減らしていきませんか。

 

 


白砂糖は、食品ではない! 科学薬品です。

甘いものが、止められない・・・

中毒症状があるから、恐いです。

肥満だけでなく、精神的なイライラ・不安・パニックなど、

白砂糖が原因ということもあり得るなんて、びっくり!

「おやつ」は、お菓子などの甘い物でなくてもいいのでは

ないでしょうか?

おにぎり、お芋、季節の果物など素材本来の自然な甘さで

充分満足できると思います。

 


骨を強くするために、牛乳を頑張って飲むのは、間違い。

特に日本人の腸には、消化酵素が少ない。

牛乳よりも、ひじき・海苔・小魚などから、カルシュウムはたくさん吸収できる。

第1、農薬づけのえさを食べて、無理矢理に搾られた牛乳は、健康な飲み物とは言えません。

乳製品の食べ過ぎは、腸を汚くするという報告もあります。

ほんと、びっくり!