歯科あおきへ、ようこそ!

歯は根っこが命!

大阪市地下鉄中央線・近鉄けいはんな線「吉田駅」にある歯科あおきでは、1987年の開院以来「できるだけ抜かない」歯の治療を実践し続け、多くの患者様の歯を長期保存してきました。

歯科あおきでは、歯を支える土台となる大切な役目の「歯周組織」を特に注目して ゆきます。また、
その為に、特別な歯ブラシの方法をお伝えしてゆき、体全身の体質改善から、口腔内の免疫力向上(
唾液量の改善など)へ、大切な日常の食事アドバイス(食セラピー)させて頂きます。

 

できるだけ歯を抜きたくない方、歯の健康から体全身の健康づくりを本気で考えていらっしゃる方、さらに健康な歯を保つために根本から変えて行きたい方、一度「歯科あおき」へご相談ください。

 


院長のご挨拶

1987年に3月9日に開業させていただき、35年以上が経ちました。


私は、20代後半に”歯を抜かない治療”の片山恒夫先生に出会い、感銘を覚え歯科医療を根底から見つめなおしました。

 

これまで技術研鑽をしながら、臨床現場でいろいろと試行錯誤を繰り返しながら、予防治療の最先端は、日々の確実なブラッシング方法と食生活の改善があってこそ、真の歯科の再生治療が起こってくる事に辿り着きました。


自然栽培の畑で、自家製の完全無農薬の野菜を作り、日々の実践での歯と食との関係性の大切さを、これまでの臨床の治療結果で、「食」の大切さをアピールしていっております。

 

スタッフのお野菜の成長記録など、ブログなどで発信していきますのでどうぞご覧下さい。